世界の教育コンテンツ

2020年06月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年(韓国)
48分

※Eテレ「世界の教育コンテンツ 2019」にて視聴
 
 
-----
 
 
一般向け部門及び最優秀賞受賞作品。
 
ロボットの研究に勤しむデニス・ホンは
殆ど趣味と言える仕事に充実感を覚えながらも
家族、特に息子との時間が足りないことを
どうにかしたいと考えていた。
その解決策として、自身のボットを作ることを思い立つ---。 
  
 
デニス・ホンのボット制作の過程を追うドキュメンタリ。
制作のきっかけとなった
アンドロイドBINA48(実在する女性の思考を組み込んだアンドロイド)や
パパボット(父親のチャットボット)を作成した作家の言葉、
デニスと彼の息子・イーサンとのやり取りを通じて
「人間の思考を再現することは可能なのか」
「思考と情報はイコールなのか」
「思考と肉体(体験)は切り離して考えるものではないのではないか」
「人間を人間たらしめるものとは」
といったことへの考察が行われる。
 
デニス自身の性格や振る舞いもあって、
この重厚なテーマについて、
深刻になり過ぎずに映像が展開していくのは
大衆性という部分でとても良い。

父の哲学的な問いかけに対するイーサンの答えが
常に確信的であることが、
いろいろなことを示唆しているように思う。
 
個人として思うのは、
「完璧なボットが完成したとして、
 だけどそれは過去に生きるものでしかない」
ということなんだけど、
本当に膨大な情報と途轍もない演算から弾き出される
「ボットのモデルであればこう答えるだろう」という回答が、
モデルによる実際の回答と異なるかどうかなんてのは、
実はわかりようがないんだよね。
モデルがこの世から去ってしまえば、特に…。
その意味では
「ボットは新たな世界線を生きる」とも言えるか。
いずれにしても、
「ボットはボットでしかない」と思うのだけど、
自分が当事者としてパパボットとその製作者のようになった時に、
それでも「ボットはボットでしかない」と思えるかは怪しいし、
「たとえボットでも構わない」となる確率は高そうだ。


(16:44)

2020年06月07日

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年(南アフリカ、スウェーデン)
53分

※Eテレ「世界の教育コンテンツ 2019」にて視聴
 
 
-----
 
 
青少年向け部門及び最優秀賞受賞作品。
 
舞台は南アフリカの児童養護施設ACC。
決して望んだわけではない中国式の教育を受けながら
その延長線上にある未来と自らのルーツとの間で揺れる、
15歳の少年・イノックの生活に密着する。 
 
 
 
まず、中国及びACCという施設に対する怒りを覚えた。
貧困にあえぐ南アフリカの子供に対し、
衣食住と教育を保障するという意味では確かに児童養護施設なのだが、
母語も覚束ない子供たち(6歳かそこらだ)を「引き取って」、
中国式の生活(言葉から仏教に沿った生活まで)を強制するのは
文化の侵略、強奪、蹂躙であり幾つもの面から人権の侵害だ。
何から何まで中国人として染め上げてしまうことで
子供たちの将来までもを自分たちの利益に利用しようとするさまは、
ハッキリ言っておぞましい。

自分たちの教育により子供たちはこのようなことまで出来るようになった、
という成果を披露するために
世界各地で演舞(?)の公演を行っているのだが、
(そこで施設に対する寄付を募っている!)
移された客席に座るのはすべて見るからに中華系の人間たち。
要は「中国人化がここまで進んだぜ」というお披露目会である。
その演舞の素晴らしさに涙する客もいるんだけどさ、
その涙、演舞のクオリティに対してのものか?
「中国人化の成果」に対するものなんじゃないのか?
お前がする寄付で、望んでもいない中国人化を強制される子供たちが、
南アフリカにいるんだぜ?
 
 

イノックは、何人かの兄弟の下の方の生まれで、
母親は彼が2歳の時に亡くなり、
父親は彼が生まれる少し前に外に女を作り出ていった。
よって、母方の祖母のもとで育てられることになるのだが、
祖母は「(地元の学校に通わせる)教育費が払えない」として、
イノックをACCに預けた。
 
彼の一家はヤオ族の村に暮らしており、母語はヤオ語であるが、
イノックは幼くして村を離れACCで中国式の教育を受けたために
ヤオ語をきちんと理解することが出来ない(中国語話者である)。
年に一度、ACCから故郷へと二週間の帰郷期間が与えられるが、
イノックは「時間に縛られない」「誰かから何かやるよう強制されることはない」
村の生活リズムに心を休めると同時に、
同じヤオ族でありながら周囲とコミュニケーションが取れないことや
自分が特別視されていることに、孤独を覚えている。
 
 
 
ACCでの教育課程を終え、卒業を迎えることになるイノック。
ACCが用意する台湾への留学の道を進むか、
故郷に帰るかで頭を悩ませる。
 
一度は故郷に帰ることを選択、主張するイノックだったが、
周囲は彼の意思など意に介さない。
 
ACCの職員は「愛情をかけて育ててきたのに!」と嘆き
校長は
「君は南アフリカの現状の犠牲者だが
 20年後に南アフリカが遅れたままであるなら
 (教育を受けた)君はその責を問われるだろう」
と圧力をかける。
故郷の村では「教育を受けたイノックには期待してるんだよ」と
親戚がお決まりの台詞を吐く。
 
幼少期に家族のもとから離され、
母語も話せず中国式に育てられた15歳の少年。
望んだわけではない人生を強制されてきたイノックが、
それでも故郷に留まりたいと口にした、
その背景などお構いなしだ。
 
 

結局、イノックは台湾へ留学することになった。
機上の少年と窓の外を映しながら53分の作品は幕を下ろす。
 
悪いのは確かに貧困で、これは解決すべきだろう。
しかし、そこから引き上げるにしても、やり方があるハズだ。
文化はもちろん、何よりも本人の意思が尊重されてこそではないのか。
年端も行かぬ子供を、選択肢を持つことすら許さない状況に放り込んで、
明るい未来は訪れるのか?
 
ACCはアフリカ南部に事業を拡大しているということを告げて、
エンドロールは終わった。
イノックらの世代がこのやり方を我慢して乗り切れれば、
南アフリカの次の世代はもしかしたら貧困からだいぶ抜け出せるのかも知れないが…。
 
何かを改善していく時に、
特定の世代、人が強烈な我慢や搾取を強いられることでその速度を上げるということは
人類が進歩していないことの証左ではないのか。
 
俺は、ACCのやり方を、支持したくない。


(23:42)

2020年06月05日

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年(アルゼンチン)
13分
 
※Eテレ「世界の教育コンテンツ 2019」にて視聴
 
 
-----
 
 
児童向け部門受賞作品。

二人の若いダイバーを進行役に、海洋についての興味を促す番組。
とにかく映像が綺麗で、
お金がかかっていて、
ツボを抑えながら
(自然保護や海洋生物との共生の大切さ、それらが簡単ではないこと等)
テンポが非常にいい。 
 
この内容が13分に収まっているのは驚き。
(実際には視聴者の子供の意見を流すエンディングが1分はあるので更に短い)
 
進行役の女の子の方が好奇心旺盛な感じなんだけど、
彼女の「何故?」「こうしたい」へのレスポンスが早くて
子供に飽きさせる余地を与えてない感じ。 
 
instagramを活用して視聴者の子供と双方向であろうとするのも
素晴らしいと思う。 
 
授賞式での審査員スピーチ
「未来の研究者たちにインスピレーションを与えます」が
実に的確な寸評だと思う。


(03:14)

2020年06月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年(韓国)
11分
 
※Eテレ「世界の教育コンテンツ 2019」にて視聴
 
 
-----
 
 
幼児向け部門受賞作品。
 
20代後半くらいと思しき男性が幼児2人と共に番組を進行。
箱の中に入ってるものを使って音を出し、
その音をもとに曲を演奏する…という内容。
 
この日の箱の中に入っていたのは本、ベル、タイプライター。
ページをめくったり、
(ハードカバーの)表紙を叩いたり、
タイプライターをガチャガチャとタイプしたりして
様々な音を出し、
男性が「いいね!」「○○の音みたいだ!」と幼児をノせていく。
 
ヒント、回答、応用の流れを幼児が楽しめるようになっていて、
なるほど、教育に良さそうな感じ^^


(23:30)